女性保育士が転職・就職の面接試験で知っておきたい身だしなみポイント4選

女性保育士が転職・就職の面接試験で知っておきたい身だしなみポイント4選

面接試験当日に向けて、知っておきたい身だしなみのポイント

 

 

面接試験当日に向けて、知っておきたい身だしなみのポイントがあります。

 

それは、

 

○私服でいいと言われたけど本当にそれで良いか
○髪の毛やメイクはどうか
○結婚指輪つけてもよいのか
○かばんはどんなものがよいか

 

といった4つのポイントです。

 

面接官に良いインプレッションを与えるには、身支度は非常に大事です。今回は、転業・就職の面接試験で必要な身だしなみについてまとめてみました。

 

なぜ身だしなみにこだわるのか?

 

面接会場で保育園の面接係の保育士と面接した場合、園の保育士さんから見て、あなたのファーストインプレッションはどれくらいで決定すると思いますか?通常、ファーストインプレッションは、出会ってすぐ、(7秒くらい)に決定するそうです。7秒でできる振る舞いといえば、黙礼・一礼 ・ 面持ちくらいでしょう。一瞬のうちに相手に感触を得られてしまいます。相手と見詰め合い、明瞭な声で会釈ときちんと頭を下げて 一礼をし、微笑を見せれたら好感度が高いことにおいて太鼓判を押されるでしょう。そして、人は、他人に対して 知らず知らずのうちに好き嫌いかをオピニオンしていることを知っていたでしょうか?

 

メラビアンの法則

 

心理学でメラビアンの法則というものがあります。55%・38%・7%という百分率から、『GO GO サバンナ』という言葉遊びもあります。

 

55%→外見、 身支度 、 面持(表情・身振り・手振り)

 

38%→声質、大きさ、ペース(声・トーン)

 

7%→会話内容(言葉)

 

例えば、お巡りさんを見るとなんだかドキドキととしませんか?これは。服装で相手のインプレッションを決定しているせいです。

 

スーツを着用した場合と私服の場合とではインプレッションが相違しますし、メガネをかけるだけでも大分フィーリングが変動します。自覚してオピニオンできないところで合格不合格をゆだねられている場合があるため、 身支度には注意をしないといけません。



ホーム RSS購読 サイトマップ