保育士は自学であっても1発合格が可能です!筆記試験と実技試験の2選

保育士は自学であっても1発合格が可能です!筆記試験と実技試験の2選

保育士資格は国家資格です。

 

 

この資格があれば保育士になれます。保育園や養護施設など、保育士資格があると多種多様な場所で有利に働ける資格です。

 

受験資格を見定めましょう。自学で試験を受けるには一定の学歴やキャリヤが須要です。最終学歴が中卒でも、卒業後に児童ホームにおいて5年以上あわせて7200時間以上従事していれば受験できます。試験スケジュールをよく確かめておきましょう。

 

筆記試験の勉強を始める前に

 

○最新版のテキストで学習する

 

筆記試験の学習を開始する時は絶対に最新版のテキストで学習しましょう。古いテキストだと法改正や改訂などに対応出来ません。その辺をしっかりと確かめておきましょう。

 

○筆記試験対策

 

試験のおよそ1ヶ月前から本式に自学をスタートします。日々、家に篭り切りで、1日平均6時間くらい自学するとちょうど良いでしょう。どのテキストを選んで使用するかということより、どの程度こなすことができるかということの方がとても大事です。できる限りたくさんの問題をすべて解答します。どうにか「保育所保育指針」が大事なようです(広範な科目が何問も出題される)。@テキストを読むA過去問を解くB間違えた部分をテキストで探して読む、これらを反復します。

 

実技試験対策

 

○3科目中2科目受験

 

音楽、造形、言語表現の試験の内、2科目受験して2科目、両方とも合格しないと駄目です。自学受験者にとって実技は非常に大きな壁になります。

 

○音楽エキスプレッションに関与するテクニック

 

ピアノ・ギター・アコーディオンのうちどれかのインストルメントを使用して課題曲を引きながら歌う試験です。

 

○造形表現に関するテクニック

 

当日指定される保育のワンシーンをドローイングでエキスプレッションする試験です。色鉛筆は12から24色くらいの物を各自で持ち込みます。

 

*『弾き歌い』は、自身で他の音楽のパートをサポートしながら歌を歌うことで、『歌う』ことが最重要です。

 

このようなことを、保育士 転職専門サイトのエージェントの方々は、無料で教えてくれます。

 

是非活用してみてください。

 



ホーム RSS購読 サイトマップ