保育士転職サイト比較@1番おすすめの専門サイトを紹介

保育士転職サイト比較@1番おすすめの専門サイトを紹介

保育士を働く理由

 

今、保育士の待遇について何かと話題になっています。そのために、保育士不足による待機児童問題、無認可保育園による園児の死亡事故など深刻な問題も起きてしまっていますね。

 

そもそもこんな問題はもう何十年も訴えられてきてるはずなのに全くと言っていいほど無視されてきたための結果と言っていいのかもしれませんね。保育園に入れなかったお母さんたちが起こした運動を非難している人もいれば賛同している人もいるでしょう。

 

非難している人々はきっと恵まれた環境で子育てができてきた幸せな人たちなのでしょうね。そんな人たちを責めることはできません。賛同している人が多いのはこれが今の社会の仕組みの問題だからですよね。

 

男女雇用平等のはずが、子供を産んだとたん冷たくなる会社。もちろん恵まれた会社もたくさんあります。

 

でも、そうもいかないのが現状。働きたいけど保育園に入れない、保育園に入れないから仕事に戻れない。矛盾してるけどこれがいつまでたっても変わらない。では、なぜ保育士さんたちはこんな状況なのに働いているのでしょうか。

 

保育士って大変?

 

はっきり言って大変です。まだミルクを飲んでいる小さな赤ちゃんから就学前の子供まで預かっています。しかも、0歳児なんて3人に1人の割合ですよ保育士が!震災のときなんてどうやって子供達を抱えて逃げればいいのか?なんて思いますよね。

 

常に目が離せないし、大きくなればケンカだって起きる。保護者の方々の理解がないとやっていけません。

 

当然人と人との関わりの仕事ですから保護者との事だって考えなくてはいけないわけです。相互理解っていうのは簡単ですけど信頼関係を気づかなくては成り立たないお仕事です。そのせいで心を病んでしまう保育士だって少なくないです。

 

頑張りたいけど子供だけ見ているだけではいかない。その親たちも育てていかなければいけないのですからね。責任重大です。

 

それでも喜びは大きい

 

そんな大変な思いまでしてなぜ保育士を続けているのか。それは子供の笑顔に救われるからです。こちらが手をかけてあげればあげるほど応えてくれるからです。1日の大半を一緒に過ごすのですからもはや親代わりと言っていいでしょう。

 

甘えてきてくれる。できなかったことができた瞬間なんてもしかして、お家の方より早いかもしれません!

 

そんなとき、保育士やっててよかったなぁとしみじみ感じています。子供が笑顔で抱きついてきてくれる、保護者に感謝される。そんなことが働き続ける原動力となっているのでしょうね。

 

人間としての一番土台となる乳幼児期に関わる大事なお仕事だと思うとプロとしてのプライドをもって働けると思います。

 

誇りがあるから認めてほしい

 

私たちだって誇りを持って仕事しています。だからこそ、続けていきたい仕事です。なのに、保育士不足ってどうして?

 

それは待遇にしかないですね。

 

保育士が国家資格になっているって知っていますか?なのに一般企業に比べたら全然勤務年数に満たない収入です。なので若い人たちはやりがいを見出せないし、数年働くと先がもう見えてるのでやめて行ってしまうのです。これからの未来を背負う子供達を養育していく存在のはずの保育士の価値はずっと下に見られているのかと思うと悲しいですね。

 

保育園を増やせばいいなんて短絡的な考えでは世の中変わらない。だってそこで働く人員がいないのですから…。転職する人だってやっぱり条件第一になるはず。もっともっと私たちの仕事を認めてほしい。

 

必要性が高いのですから、その価値をもっと高めてもらえるなら定年までだって頑張れちゃうかもしれませんね。子供が好きだからだけでは続けられない仕事。だけど得られる喜びは何にも変えがたいものがある。それが保育士として働き続ける理由です。



ホーム RSS購読 サイトマップ